定年後にスタート!第二の人生

爽やかな朝にウォーキングを!

定年後にスタート!第二の人生イメージ
トップ > 朝ウォーキングの楽しみ方

朝ウォーキングの楽しみ方

ウォーキングは、いつでもどこでもできますが、特に朝食前のウォーキングがおすすめです。

早朝のすがすがしい空気を吸いながら行うウォーキングは、爽快な気分を味わうことができる上、ダイエット効果も期待できます。

【朝ウォーキングのメリット】
朝食前に行うウォーキングには、次のようなメリットがあります。

●心身をリフレッシュできる
ウォーキングは優れた有酸素運動ですが、早朝の新鮮な空気を体に取り入れることにより、心身をリフレッシュさせる効果があります。

●ダイエット効果がある
朝食前は、血液中の糖質が少ない状態にあります。運動をすると、まず糖質がエネルギーとして使われますが、糖質が少ないと脂肪が使われます。脂肪が落ちやすくなるため、ダイエットにも効果的と言えます。

●脳を活性化する
ウォーキングは全身の筋肉を使いますが、これによって脳にも適度な刺激を与えます。脳内の血流も良くなって活性化され、気分もスッキリします。

【朝ウォーキングの準備】
朝ウォーキングに出かける前に、次のような準備をしましょう。

●ウォーキングの前に水分補給をする
朝起きた時は、睡眠中にかいた汗で体内の水分が失われ、血液がドロドロの状態になっています。このままでは体に負担がかかるため、水分補給してから出かけましょう。いきなり冷たい水では内臓を冷やしてしまうので、コップ1?2杯の常温の水や白湯がおすすめです。

●少しだけ糖分を補給する
朝食前は、血液中の糖質も少ない状態になっています。脳のエネルギーになる糖質が少なすぎると、歩いている途中でぼんやりしたり、めまいを起こしたりすることがあります。それを防ぐために、ウォーキングに出かける前に少量の飴をなめたり、チョコレートを食べたりして糖分を補給しておきましょう。

●簡単なストレッチをする
朝起きたばかりは、まだ体が活動体勢に入っていません。途中でつまづいたり転んだりしないよう、簡単なストレッチを行ってからウォーキングを始めましょう。

スポンサーリンク

【朝ウォーキングの効果的な歩き方】
ウォーキングは、身軽な服装で、また靴は足に負担がかからないような履きなれたものがおすすめです。

歩き方については、あまりこだわる必要はありませんが、背筋をシャンと伸ばして歩くと足が前に出やすくなります。

また、いつもより少し大股で、少し早足で歩くようにすると、血行が良くなり健康効果やダイエット効果がアップします。

【朝ウォーキングの後は】
朝ウォーキングから帰宅したら、まずは水分を補給し、汗をかいた下着や衣類は着替えてさっぱりとしましょう。

胃の中は空っぽの状態になっているので、朝食はしっかりと摂りましょう。

運動の後は体内の糖や脂肪の量が減少していますが、その他の栄養素も減少しています。栄養バランスの良い朝食を摂ることにより、健康を維持することができます。

 

スポンサーリンク

 

定年後の生活設計

定年後の仕事選び

定年後の健康管理

定年後の資格取得

定年後の趣味選び

スポンサーリンク