定年後にスタート!第二の人生

まずは農業の情報収集と資金計画を

定年後にスタート!第二の人生イメージ
トップ > 定年後に農業を始めるための準備

定年後に農業を始めるための準備

定年帰農を成功させるためには、ある程度の準備が必要です。経営として成り立たせて行く場合も、また趣味程度に行う場合でも、情報収集や資金計画、農地の取得などが必要になります。

情報収集
どのような農業をやりたいか、大まかな方向性が決まったら、雑誌やインターネットなどを利用して情報収集を行いましょう。また、すでに定年帰農で成功している人の話を聞いたり、現地に出向いて視察をして来るのも有意義です。

資金計画をしっかり立てる
定年後に農業を始めるには、まず資金計画をしっかり立てることが重要です。 どこで、どんな作物を育て、どのくらいの規模で行うかを明確にし、そのために必要な資金を準備するところから始めましょう。

経営として成り立たせて行く場合は、それなりの農地を確保し、農機具や倉庫なども準備する必要があります。また、農業経営が軌道に乗るまでの生活資金も準備しておかなければなりません。

一方、副業として農業を始めたいという場合や、趣味程度に抑えたいという場合でも、その規模に見合った農地や農機具代、種代、肥料代などが必要になるほか、日々の生活費も確保しておく必要があります。

農地の取得
生まれ故郷にUターンして農業を始める場合は、すでに親の代からの農地がある場合が殆どですが、時には拡大する必要性に迫られることもあります。

また、農村に移住してまったくのゼロから農業を始める場合は、住居の取得と同時に農地の取得も必要になります。

農地を取得するには、各市町村の農業委員会の許可が必要となりますが、農業委員会では農地の利用調整やあっせんを行っているので、相談してみましょう。また、資金関係では農業改良普及所や、農業協同組合などでも相談を受け付けています。

育てる作物を決める
定年帰農を始める前に、どんな作物を育てたいかを決めておきましょう。

作物によっては、資材や肥料が必要になったり、ハウスの設備が必要になることもあります。また、種を蒔いたり、除草をしたり、追肥をしたり、収穫をしたりといった過程で、農機具が必要になることもあります。

作物や資材を運ぶための一輪車や軽トラックが必要かもしれません。
育てる作物の種類がわかれば、何が必要かもわかってくるので、少しずつ準備をしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

定年後の生活設計

定年後の仕事選び

定年後の健康管理

定年後の資格取得

定年後の趣味選び

スポンサーリンク