定年後にスタート!第二の人生

定年後の働き方はライフプランに沿って

定年後にスタート!第二の人生イメージ
トップ > 定年後の働き方を選ぶ

定年後の働き方を選ぶ

定年後の働き方として、いくつかの選択肢がありますが、「第二の人生をどう生きたいか」をもとに作成したライフプランに沿って選ぶことをおすすめします。

定年後の働き方


定年後も現在の職場で働く
定年後も引き続き現在の職場で働くという選択は、環境の変化が少ないため心理的な負担も少なくて済みます。

少子高齢化の現代日本では、働く意思があれば定年後も働ける環境づくりが進められており、「65歳定年制」や「継続雇用制度」を導入している企業が増えています。

ただし、継続雇用制度を利用して定年後も働く場合は、収入が減少する可能性があることも考慮しておきましょう。

定年退職した後、他の会社に再就職する
「現在の仕事は自分に向いていない」「他にやりたいことがある」「新しい仕事にチャレンジしてみたい」という方は、定年を機に再就職の道を選ぶこともできます。

働く意思があれば、新しい仕事が見つかるまでの間、失業保険を受給することも可能です。

派遣社員として働く
何らかの技能や資格、実務経験などを持っている方は、派遣会社に登録しておき、希望する職種の紹介が得られたら、派遣社員として働くのもひとつの方法です。

派遣社員は、雇用面では不安定なところもありますが、一般にパートやアルバイトに比べ、時給は高めです。

パート、嘱託、アルバイトとして働く
正社員として朝から定時まで働くよりは、自分で自由に使える時間を確保しながら無理なく働きたいという方におすすめなのが、パートや嘱託、アルバイトといった働き方です。

仕事の負担を軽くして、趣味やその他の好きなことに時間を使うことができます。

独立・起業する
今までの実務経験や人脈を生かして、独立・起業するのも選択肢のひとつです。社会保険労務士や中小企業診断士、行政書士などの資格を取得していれば、独立の助けになります。

また、最近ではさまざまな個性のあるカフェを開店する人も増えています。 そのほか、飲食業、フラワーショップ、ペットショップ、塾の経営なども人気があります。

農業を始める・定年帰農
定年退職後に農業に従事することを「定年帰農」と言っていますが、生まれ故郷に戻って農業を継ぐケースと、新たに田舎に移住して農業を始めるケースとがあります。

農業で利益を上げるのは簡単ではありませんが、大自然の中で作物を収穫するということは他の仕事にはない喜びがあります。また、年齢は関係なしに自分のペースで働けるというのも、農業の大きな魅力です。

在宅で仕事をする
何かの特技や免状などを持っている方は、自宅を教室にし、生徒さんを集めて仕事をすることもできます。

また、インターネットの発達した現代では、通勤することなく在宅でできる仕事が無数にあります。データ入力やリサーチ業務、Webデザイン、ネットビジネス、ネットによる学習塾、家庭教師、カウンセリングなど、自分に合った仕事を選ぶことができます。

シルバー人材センターで働く
大きな収入は望めませんが、仕事を通して何か社会の役に立ちたいという方は、シルバー人材センターに登録して働くという方法もあります。

この場合は、仕事を通して人との交流も生まれ、体を動かすことにより健康にも良いというメリットがあります。

 

スポンサーリンク

 

定年後の生活設計

定年後の仕事選び

定年後の健康管理

定年後の資格取得

定年後の趣味選び

スポンサーリンク