定年後にスタート!第二の人生

定年帰農が人気!

定年後にスタート!第二の人生イメージ
トップ > 定年後に農業を始める「定年帰農」とは?

定年後に農業を始める「定年帰農」とは?

近年になって農業の魅力が見直され、定年後に本格的に農業を始める「定年帰農」が人気を集めています。

農業には年齢制限も定年もなく、自ら選んだ作物を育てることができるという大きなメリットがありますが、本格的に経営として成り立たせて行くには、技術の習得や創意工夫など、地道な努力が必要になります。

どのような農業をやりたいかを明確に


定年後に農業を始める前に、どのような農業をやりたいかを明確にしておきましょう。

定年帰農には、会社を定年後に生まれ故郷に戻って、親の代から受け継がれている農地を生かして農業を始めるケースと、都会生活者が農村に移住してまったくのゼロから農業を始めるケースとがあります。

生まれ故郷にUターンした場合は、すでに農地があり、資材や道具も揃っているため、比較的簡単に農業を始めることができます。子供時代を過ごした土地であるため、周囲の環境にも溶け込みやすいという利点もあります。

一方、まったくの未経験で農業にチャレンジする場合は、住居や農地を探すことから始めなければなりません。次に資材や道具を揃え、作物の栽培方法もゼロから学ぶ必要があります。また、周囲の環境や田舎での生活に慣れるまでには、時間がかかるかもしれません。

収入の柱として農業をやって行くのか、あるいは趣味程度にやって行くのかも明確にしておきましょう。

定年後に農業を始め、経営として成り立たせて行くことも不可能ではありませんが、そのためには農業に関するさまざまな知識のほか、家族の協力や経営能力も必要になります。

食の安全を重視し、無農薬による作物の栽培や、有機農業、自然農業などを目指す方は、それぞれの分野の知識と、試行錯誤を繰り返して作物を栽培して行くという地道な努力が必要になります。

また、趣味の延長として楽しく農業をやりたいという方は、さほど広い農地は必要ありませんが、生活の基盤をしっかりと整えておくことが大切です。

定年帰農を成功させるために


「定年後は農業をやりたい」と漠然とした希望を持っているだけでは、実現は難しいかもしれません。定年帰農を成功させるためには、しっかりとした資金計画や情報収集、農業に関する知識などが必要になります。

家族で食べる分だけを作れればいいという場合は、年金や農業以外の収入で生活費を賄えることが前提になります。

一方、農業で生計を立てて行く場合は、収穫した作物を販売するルートを確保しておく必要があります。

地方の過疎化や農業の担い手減少に悩む現代日本では、各地に新規就農者の支援組織があるので、相談してみるのもひとつの方法です。

こちらのホームページも参考になります。

 ⇒ 全国新規就農相談センター
   http://www.nca.or.jp/Be-farmer/

 

スポンサーリンク

 

定年後の生活設計

定年後の仕事選び

定年後の健康管理

定年後の資格取得

定年後の趣味選び

スポンサーリンク