定年後にスタート!第二の人生

なぜ資格を取得したいか、目的を明確にしよう

定年後にスタート!第二の人生イメージ
トップ > 定年後の資格取得・その目的は?

定年後の資格取得・その目的は?

定年後に取得できる資格はたくさんあります。
資格を取得する方法も、スクールに通ったり、通信講座を受講したり、また独学で学んだりと色々とあります。

しかし、何のために資格を取得するのか、その目的が不明確のままでは、途中で挫折してしまう可能性が高くなります。

資格取得のための勉強を始める前に、目的を明確にしておきましょう。

スキルアップのため
定年後も仕事を続けている方は、仕事に関する資格を取得することにより、スキルアップにつながります。特にパソコンのスキルや、外国語のスキルは、あらゆる仕事に役立ちます。 また、すでに定年退職をした方も、視野を広げたり、自分の能力を向上させることができます。

再就職をするため
定年退職後、再就職を目指している方は、希望の職種に合致する資格を取得することにより、転職活動に生かすことができます。今までの仕事の実務経験が豊富にあれば、資格をプラスすることにより、企業へのアピール度も高くなるため、転職活動を有利に進めることができます。

独立起業するため
定年後に独立起業を目指す方は、関連する資格を複数取得しておくと、起業後の展開がスムーズに運びます。どんな業種で起業するかを早めに決め、資格取得の勉強をスタートするとともに、開業資金の準備やその他の情報収集を並行して行っていきましょう。

社会貢献するため
定年後、家に閉じこもらずに社会貢献したいという方が増えています。さまざまなボランティアや地域の役員など、社会貢献する方法はたくさんあります。今までの実務経験に即した資格や、特技を生かした資格、また介護・福祉関連資格などは、社会貢献に役立ちます。

趣味を楽しむため
好きな趣味をもっと極めたいという方におすすめなのが、その趣味に関する資格取得です。趣味に関する知識を広く、深く知ることは、楽しくやりがいがあります。また、資格によっては、講師として活躍したり、自宅で教室を開くなど、収入へつなげることも可能です。

 

スポンサーリンク

 

定年後の生活設計

定年後の仕事選び

定年後の健康管理

定年後の資格取得

定年後の趣味選び

スポンサーリンク